縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

『宇宙に吹く風』が生まれるまでに・・・

カバー絵に沢山のいいね!を付けて下さりありがとうございます。
ちょっとここで、この絵について解説させて頂きます。
タイトルは『宇宙に吹く風』です。
屋久島は秋も深まると、道端はすすきだらけになります。
屋久島に移住して間もない頃は、夕暮れ時の逆光に揺れるすすきを見て、ああ、宇宙にも同じ風が吹いているんじゃないかなぁ〜と空想したものです。
そこからこのタイトルを付けました。
絵にタイトルを付けたというより、先にタイトルがあって、後から絵ができた・・という順序です。
少しもの悲しい雰囲気が漂っているかもしれませんが、実は自分の作品の中では一番のお気に入りのテーマだったりします。
もともと頭の中ではすすきは揺れています。
だから、その揺れ方まで目に見える形にしたい・・・表現したい・・・という欲求がずっとありました。
美術学校の卒業制作作品展で、他校の作品で風を表現した小さなアニメーションを見てしまったのも影響していると思います。
ずっと物心ついた子供の頃からアニメーションを見て育ったのに、その小さなアニメーションが僕にはとても衝撃的だったのです。

それ以来、いつかはアニメーション・・・ということしか頭にありませんでした。
そこに屋久島でのすすきのイメージが融合したのです。

上の絵が手描きバージョンで、そして10年越しの想いで動画にすることができたバージョンが下の絵です。
どちらも部分を拡大しています。
動画は↓こちらを見て頂ければ、少しだけ出てきます。

http://youtu.be/acsYmGEtmjE

10年というのは、作るのに10年かかったわけではありません。
いつかアニメーションをやりたい・・と思いはじめて、せっせと資金を貯めて・・・MacG5を買って・・・ソフトを買って・・・
DVD画質に落胆して・・・Blu-rayが普及するのを待って・・・・Blu-ray画質にするには、G5では性能不足でMac Proを新たに購入して・・
全てのソフトをまた一から買ったりバージョンアップして・・・そして、独学でCGの勉強をして・・・難しすぎて何度も挫折して・・・
そして、なんとか形にした・・・と、ここまで到達するのに10年の月日が流れたのです。

でもね、2つの絵を比べると、やっぱりCGの方のすすきは単一的で部分を切り取った時に、絵画の域には達していないと思うんですよね。
絵画レベルの絵が動く・・・つまり『動く絵画』が目標です。
だから、まだまだ満足していません。
もっと追求したいです。
ただ、今もっているCGのソフトでは実現は無理。
あと最低100万の設備投資をしないと、レベルアップは無理です。
『星降る花畑』とか『ねこボート』も動く絵画にしたいですね。
いつか実現できるのだろうか・・・。(-。-;)

今のところ、自分の職業を説明する時、『お土産屋さん』・・と説明します。
いつか『映像詩人』です・・・と言えるようになりたいもんです。(^_^)v
長々をすいませんでした。_(_^_)_

宇宙に吹く風

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
うえだまさのぶの日記です。
『好きな場所で、好きなことを仕事にして生きていけたら、どんなに幸せなことでしょう。』そんな理想を実現すべく屋久島に移住して11年目になります。一応、人からは画家と思われているようですが、自己紹介ではお土産屋さんと説明します。(笑)お察しの通り、悪戦苦闘の日々です。
縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作です。宜しくお願い致します。

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR