縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンターノズルの洗浄

プリンターノズルの洗浄液を購入したので、只今洗浄中です。
ご覧のようにプリンターを3台所有しています。
手前2台がエプソンPXG-5000です。
もう製造終了から5年経過しているので、廃インク吸収パッドの交換時期になると、壊れていなくてもプリンターは使えなくなります。
交換修理を受け付けてくれないのです。
自分では交換できないので、どうすることもできません。
この事実を知った時、キャノンに乗り換えようかと思ったのですが、インクの色の配列を確認したところ、濃いブルーが無いので、多分、僕の絵のブルーの色を再現することができないと思われます。
PXG-5000の後継機で、PXG-5300という機種を購入したことがあったのですが、ブルーがオレンジに置き換わっていて、全く濃いブルーが出なくて、殆ど使わないまま手放したことがあります。
アマゾンと価格.comのレビューで写真入りでぼろくそな評価を書いたところ、すぐに製造中止になりました。
その後、奥にあるPX-7Vが登場したのですが、オレンジも配置しつつ、また濃いブルーが再設定されました。
パンフレットに濃いブルーを表現できるようになった・・・とアピールしていました。
エプソンの開発陣てバ○??
これで、PXG-5000からPX-7Vに移行できると思ったのですが、これが一筋縄では行きません。
PXG-5000と同じような設定で出力すると、全く色が違うのです。
そして濃いブルーも思ったように出てくれません。
多分、ドライバーの設定違いなんでしょうね。
一枚一枚、色調整しないといけないのですが、何度やっても上手く行きません。
結局、未だ『愛は静かに降りてくる・・2』だけしかPX-7Vからは出力していません。
しかも、PXG-5000とは全く違う色になってしまったのですが、これはこれでいいかな・・・という感じでの移行です。
やはり、PXG-5000で表現できていた濃いブルーはPX-7Vでは表現できないと思われます。
話は戻りますが、PXG-5000は実際には3台持っていて、1台は実家に置いてあります。
でも壊れてしまいました。
で、洗浄中の1台は目詰まりを起こして、ちゃんと印刷できなくなったので、もう1台の方だけで出力している次第です。
この洗浄でまた復活すれば、これを実家用にしたいと考えています。
いずれにせよ、この2台のPXG-5000の寿命が来れば出せない色があります。
『静かな夜2』は最近の売れ筋なだけに非常に残念です。
A4サイズならPXG-930が、全く同じインクで現役で製造されているので、それを購入すれば、同じ色で出力できると思われます。
A3ノビサイズで出力できなくなります。
ご希望の方はお早めに。(笑)
http://www.jomon-art.com/atelier_goods/smallshashin.html

20130526IMG_0812.jpg

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
うえだまさのぶの日記です。
『好きな場所で、好きなことを仕事にして生きていけたら、どんなに幸せなことでしょう。』そんな理想を実現すべく屋久島に移住して11年目になります。一応、人からは画家と思われているようですが、自己紹介ではお土産屋さんと説明します。(笑)お察しの通り、悪戦苦闘の日々です。
縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作です。宜しくお願い致します。

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。