FC2ブログ

縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

『物語の写真』って・・。




またしても飽きっぽい性格が出て来たかも。
はやくも写真に飽きてきたぞ。

というか、同じ事やっていたくない病が顔を出しはじめました。

絵でも同じなのですが、同じレベルのことをやっていたくないのです。
同じことをずっとやっていられるならどんなに楽だろうか。

縄文じいさんの絵も同じ構図で何枚も描いて売れば、きっと僕はかなり裕福な生活ができただろうに・・。
なのに出来ない。

稼げなくても新しいことに心が移ってしまう。
アニメーションみたいに。
お金はかかるは、物にはならないは・・・時間はかかるは・・・。

まさか写真までも。


ポートレートもすっかり満足してしまったみたい。
欲求がかなり無くなってしまいました。

もう同じレベルのものはいいやって感じですね。
もっと突っ込んだシチュエーションで撮れるなら別ですが・・。

『物語を思わせるような写真』なんて思っていたけれど、所詮、思わせるレベルで本当の物語を写してるんではないんだな・・・ってことにふと気付きました。

モデルさんにも、いろいろな事があるでしょう。
でも、僕はそれを知らないで写してるわけです。

なので、なにかリアリティの面で一線を越えた写真にはならないような気がする。
(かなり自分に高いレベルを叩き付けてます。)

綺麗なだけの写真にならないように・・・。
『物語を思わせるような写真』ではなくて『物語の写真』を撮りたいのです。

もう20年も前の事を思いだしました。

当時付き合っていたけど別れることになってしまった人がいました。
お互い嫌いになって別れたわけではありません。
僕が若過ぎたのです。

別れた後でですが、二人の想い出(僕目線でですが)をスケッチブックに絵を描いて絵本みたいにして贈ったことがあります。
今思えば、なんて愚かなことをしたのか・・なんて思ってしまいますが、でも一生懸命絵を描いたのです。

何の変哲もない想い出のシーンばかり並べただけですが、それでも何となく物語りみたいになったし、最後は二人で見た六甲山からの夜景のシーンでした。
20年も前のことなのに、内容をちゃんお覚えてる。
なんかとても切ない内容になってしまったのです。
最後はハッピーエンドではないのですから。

でも『大切にする・・』と言って彼女は受け取ってくれました。

『物語の写真』というのはそういうことではないかと思ったわけです。

ああ、なんか恥ずかしい日記を書いてしまった・・・。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
肩書き『空想を売る人』こと、ウエダマサノブの創作日記です。
屋久島と大阪を行ったり来たりの二重生活です。
今は、大阪に滞在していることの方が多いです。
かつては、縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作でしたが、今は、自由に空想した世界を3DCG、デジタルペイントで表現しています。
東京、名古屋、大阪等のアート系イベントにも参加しています。
是非、遊びに来て下さい。
(^_^)

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR