縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

外側を観て内側を知る・・・。

もうスランプのどん底にいるワタシです。
自分が何を創りたいのか・・・、どうしたら創作意欲が沸いてくるのか・・・。

唯一の救いは、創作はしたい・・・という意欲は消えないことです。
そしていろいろ観たいという意欲も消えないことです。

目に付くものを徹底的に観てまわっています。

そうこうしている間に、自分の内面に目を向けるというのは、むしろ外に目を向けることだ・・と思うようになってきました。
観るものにどう自分が反応するか?
自分が何に反応するのか?

それを客観的に分析する・・・。

ということで、さらに徹底的に取材、観察体勢を強化しております。

仏教美術の本を探してるうちに、球体関節の人形の本に目が止まったり、
ケルト人の美術に反応してしまいました。

僕は手を動かす前に考え過ぎる傾向があって、自分の良くない部分だと思っていたのですが、
やっぱり深く考えるべきですね。

そうしないと、やっぱり人間成長しないと思います。
自分のレベルの低さを痛感しております。

この十数年間は、完全に屋久島という温室に甘やかされて生きてきたんだな・・・と思わざるをえません。
屋久島の外に出ると自分の実力は全く通用しません。
と、誰に言われたわけでもありませんが、自分が自分の作品をジャッジしてそう結論付けしました。
お話にならないレベルの低さです。

ネットが無い大昔だったら通用するかもしれませんが、今はグローバル時代ですからね。
観る側もレベルの高い作品に出合う機会も多いでしょう。

競争する・・・というのとは違うかもしれませんが、自分の作品を自分がとことん好きだと言えるくらいに
どこまでも深く追求しないといけないということです。

自分の納得のいくところまでできたら、後は観る側の好みの問題です。・・と言えるかな。

今日のイメージは仮面を被った少年です。
雑な絵ですいません。f(^ー^;


仮面の少年



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
うえだまさのぶの日記です。
『好きな場所で、好きなことを仕事にして生きていけたら、どんなに幸せなことでしょう。』そんな理想を実現すべく屋久島に移住して11年目になります。一応、人からは画家と思われているようですが、自己紹介ではお土産屋さんと説明します。(笑)お察しの通り、悪戦苦闘の日々です。
縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作です。宜しくお願い致します。

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR