FC2ブログ

縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

PX-G5000ご臨終かも・・・。

どうやら、プリンターPX-G5000がご臨終かもしれません。

正確に言うと壊れてはいないのですが、生産終了から5年が経過すると修理を受け付けてくれないのです。
自分では交換できない消耗品である廃インク吸収パッドの交換すらやってもらえなくなるのです。

修理を受け付けないのなら、自分で交換できる構造にして、部品を買いだめできるようにしておくべきだと思います。
エプソンは詐欺のような商売のやり方です。

車で例えるならクラッチプレートとか、消耗品でありながらそれが無くては走れない部品の製造を辞めてしまうし、修理も受け付けないということです。製造中止から5年が経過したので、消耗品の寿命の時期になったら廃車にして下さいと言ってるようなもんです。

キャノンの同じように生産終了から5年経過すると、修理を受けつけなくなると書いてあるのですが、同等のプリンターに交換させてもらうことがある・・・とサイトに書いてあります。
実際にはどういう対応をしてくれるのか分かりませんが・・。

PX-G5000じゃないと濃いブルーが出ないんですよね。
これで3台所有していたPX-G5000のうち、2台が使えなくなりました。
あと1台は屋久島に置いてます。

同じインク構成のPX-G930も所有しているので、A4サイズまでなら濃いブルーを使っている絵を引き続き出力できます。

思いっきりエプソンの悪口を書きましたが、新型のPX-7Vもブルーインクを搭載しているということで所有しています。

しかしながら、PX-G5000で出せるブルーの色が7Vでは出せないし、他の絵も思うような色が出せないということで、1種類の絵以外では殆ど使わないで放置状態になっていました。

試しに新作をPX-7Vで出力してみました。

・・・・何か良い感じです。

やはりブルーの部分だけ薄くなってしまうのですが、他の部分はPX-G5000よりいい感じです。
水面も光を放っているように見えます。

ブルーの調整のコツも少し分かってきました。

やっと印刷状態で自分が意図するイメージに到達できたと思います。


イベントで展示することが楽しみになってきました。(^_^)v



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
肩書き『空想を売る人』こと、ウエダマサノブの創作日記です。
屋久島と大阪を行ったり来たりの二重生活です。
今は、大阪に滞在していることの方が多いです。
かつては、縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作でしたが、今は、自由に空想した世界を3DCG、デジタルペイントで表現しています。
東京、名古屋、大阪等のアート系イベントにも参加しています。
是非、遊びに来て下さい。
(^_^)

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR