縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

誰かに向かって・・・


今日はもうひとつ日記を書こうと思います。

もう時間が経ってしまいましたが、先日2回目のホビットを観てきました。
今度は3Dで。
やっぱり3Dの方が面白いですね。

自宅のテレビは3D対応じゃないし、対応してたとしてもでかい画面での3Dは、映画公開時しか観れないので、
最初から3Dで観た方がいいですね。
まぁ、映画の種類にもよりますが・・・。

さて、映画の中で『その勇気が幸運をもたらす・・』という台詞が出てくるのですが、その台詞が結構気に入りました。
多分、それこそが、この映画のテーマでありメッセージなのかなぁって思いますね。

言葉って重要ですね。
どんな作品を創ろうとも作品を創らなくても、人生最後にその人独自の言葉が残せたら、それこそ本当の作品かなぁ〜なんて思いますね。

Facebookの自己紹介ページにも書いてますが、僕の好きな言葉。

人生とは目的に満ちた経験である。by  エドガー・ケイシー

人間は醜い、されど人生は美しい。by ロートレック

とか言いながら、僕は自分の作品の中には、これと言ってメッセージとか込めないようにしてます。
そんな大した経験もしてないし、悟ってもいないし、メッセージなんて吐ける器ではありません。

陳腐なメッセージを伝えようとするよりも、もっと感覚的なものを資源できたらいいなぁって思うんですよね。

普段の生活ではで使うことの無い感覚を引き出せたらなぁ〜って。

切ないでもいいし、悲しいでもいいし、懐かしいでもいいし。
その感覚が引き出されることによって、普段の生活で見えてくる風景も違って見えることもあるんじゃないか?って思うんですよね。

そんな役割を果たしたいと僕は思っているのですが、まだまだ実力が無いですね。
もっと精進しなければ・・・。

メッセージは込めないと書きましたが、誰かのために・・とか、誰かに向かって・・という気持ちを持ちながら創作するのは大事かもしれませんね。
なんかパワーがこもりそうで・・。

人の為と書いて偽りと読むんだねぇ・・ってあいだみつをの詩にもありますが、誰かのためと言って、それはやっぱり自分のためだと思うのですが、でも
やっぱり特定の誰か、具体的な誰かに向かっている気持ちというのは力があるんじゃないかなぁ〜なんて思いますね。

縄文じいさんシリーズの最初の頃や、絵を本格的に描き始めた頃って、そんな気持ちで描いていたように思います。

映画『ホビット』のその台詞を聞いたことで、ああ、僕は以前のような特定の誰かに向かって創作してないなぁ〜ってことを認識させられました。

気持ち、想い大事ですね。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
うえだまさのぶの日記です。
『好きな場所で、好きなことを仕事にして生きていけたら、どんなに幸せなことでしょう。』そんな理想を実現すべく屋久島に移住して11年目になります。一応、人からは画家と思われているようですが、自己紹介ではお土産屋さんと説明します。(笑)お察しの通り、悪戦苦闘の日々です。
縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作です。宜しくお願い致します。

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR