縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

あ〜悩む。

極端なめんどくさがり屋の僕としては、ラフイメージから、細かいこを決めないまま本番に入るので、いつも本番を進めながら細かいことで悩むのです。
結局のところ、かえって面倒なことをやってしまっているような気がします。

今回も、例外なく悩みまくっています。

骨格部分の構図すら毎日微妙に変えています。
視点の位置やら、各パーツの位置関係など。

なので、過去の失敗から学ばなければいけません。
ここは一旦踏みとどまって、細かいところまで完全に決めてから次に進もうと思います。

20150308.jpg

いろいろ葉っぱやら何だかんだ加えたんですけど、完全雰囲気が変わってしまいました。
とくに、いつも葉っぱに悩まされるんですよね。

葉っぱを入れるとがらりと雰囲気が変わってしまいます。
トーンを抑えればいいのでしょうけど、どうしても派手にしてしまいます。

・・空気感を出したいけど、鮮やかな色を使いたい。
・・縄文じいさんを上の方まで入れたいけど、細かいところまで見せたいからアップにしたい。
・・縄文じいさんが大きい印象になるようにするために、相対的に鹿を小さくした方がいいか?
→いや、鹿もも大きく見せたい。→ 少し広角気味にすれば、鹿を大きくしてもつじつまが合う。
→広角気味にすると、バックの木を相対的に小さくしなければいけない。→バックがせまってくるような迫力が無くなる。

とまぁ、最初の構想段階で細かいことを決めてないから今の檀家で、相反する項目で悩むわけです。

で、一番の失敗は縄文じいさんを入れてしまったことです。
ラフイメージでは、単なる巨木でしたから。(苦笑)

今回の絵では、縄文じいさんを廃棄するか・・・。(汗)





*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
うえだまさのぶの日記です。
『好きな場所で、好きなことを仕事にして生きていけたら、どんなに幸せなことでしょう。』そんな理想を実現すべく屋久島に移住して11年目になります。一応、人からは画家と思われているようですが、自己紹介ではお土産屋さんと説明します。(笑)お察しの通り、悪戦苦闘の日々です。
縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作です。宜しくお願い致します。

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR