FC2ブログ

縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

僕の理想とは・・・

撮影部隊


本格的に屋久島に帰る準備をしなきゃいけません。
今日から梱包作業をやろうと思います。
荷物の量と重さを考えると頭の痛いところです。

それにしても11月中旬に大阪に帰って来てから3ヶ月以上の滞在です。
なんだかんだと良く遊んだなぁという印象で満足です。(笑)

遊んだと言っても、普段は殆ど何の変哲も無い日々でしたが、やっぱりMacBook Proを購入したことは生活サイクルを激変させてくれましたね。
自宅でじっとしてられない習性の僕ですが、仕事を外に持ち出せるようになって、両立できなかったことを両立できるようになったので、かなり精神的ストレスが軽減されました。
何の変哲も無い日々は、しっかり(ってほどでもないですが・・)勉強して前進できたのではないかと思います。
今後はこの勉強の時間を創作の時間に変えて、しっかりアウトプットが出せるようにしていきたいものです。

ここで言うアウトプットというのは、経済的なことを成立させることのできるアウトプットということで、縄文じいさんシリーズのことを言うのですが、経済的なことを無視した素直な表現のアウトプットなら相当な量を吐き出していると思うんですけどね。

日記もそうだし、写真も素直な表現のアウトプットだと思います。
まぁ、見てくれている人は少ないですが・・・。(笑)
若い頃は縄文じいさんシリーズを素直に描きたいと思えたのに、今は相当踏ん張らないと出来なくなってしまいました。
もう意欲が無いのです。
その部分が今の最大の心のひずみであり悩みです。

ところで『経済的なことを成立させることのできるアウトプット』というのが出て来たので、ついでに書いてしまいますが、ちょっと前に僕に対して、『(写真を)商売のためにやっている。』と言った人がいます。
直接写真でお金を得たことは無いことは無いですが、間接的には本家サイトへの宣伝のようなものですから否定はしません。
欲求のままに素直に表現している部分もありますが、半分は商売のことも考えています。
そんなことを言うと、いやらしいと思う人もいるかもしれません。

でも僕はそのことを隠しません。
それはもっと大事なことがあるからです。

この日記を書く最大の目的は、日記を書き始めた2002年の11月から今も何一つ変わっていません。
ここにも書いています。
http://www.jomon-art.com/dialy/index.html

『好きな場所で、好きなことを仕事に生きていけたら、どんなに幸せなことでしょう・・・。 』

幸せを実感できるであろう僕が想像する理想の生活スタイルです。
そして僕はその理想を実現すべく日々を暮らしていて、自分で成功したと思える日までの過程を日記で示したいのです。

素人に毛の生えたほどにしか才能の無い僕でも好きなことで生活していけるとなれば、若い人達にも少しは希望を与えられるのではないかって思うんですけどね。
失敗したらやっぱり無理なんだぁって思わせてしまうことになるから、だから僕は最終的には成功しなきゃいけないと思っています。

本音の苦悩を伏せて幸せぶった綺麗ごとを書いたって意味がありません。
いやらしいと思われる商売の事を書いたって、実際にこういうやり方があるってことを示せた方が、同じような理想を持っている人には有益だと思うのです。

ははは。
今、この日記を書いてて思いましたが、これは宣伝になってませんね。
商売用の宣伝なら夢物語でも書いてた方がいいんだから。
こういうところが僕の商売下手と言うか、商売に徹することのできないところです。(苦笑)

今日はついつい一杯書いてしまいました。

ついでにもう1つ。
上の理想で本音を言えば、『好きな人、家族と』ってことを付け加えたいところです。
というか一番重要なところです。

僕の本音上での成功の実現は、すでに壊滅的である可能性大です。(苦笑)






*Comment

NoTitle 

商売の為に写真やったらダメなん?
はははは、いいじゃん別にねえ。
作品が良けりゃ自然と商売になっていくんだろうし。需要に対しての供給を続けるには何やかんやとお金が必要になってくるしねー。

よくそんなことで暮らしてられるよな、アートを甘く見るなよ、アートってのはなあ~、なんてイジケてる割には何にも「らしいこと」してない方々の妬み嫉みじゃないの?

イジケてるって言えば、うえだくんの生き方にも何となくイジケ感が漂ってるけど、それは別のイジケ感だよね。
母性本能くすぐるようないい感じのイジケ方?
ああなんか羨ましい。
ゴメン、一応ほめてるつもりなんだけど上手く言えないや。しかも上から目線すんません。
ホントはボクが一番イジケてんのかも。だはは。

ところで商売下手っていうけど結構上手いことやってんなーってのがボクの見解なんだが。
  • posted by トガワ 
  • URL 
  • 2011.02/23 23:06分 
  • [Edit]

NoTitle 

トガワさん、こんばんは。
トガワさんのおっしゃる通り。
需要があるから商売になるんだし、本当に好きなことだったらそれで生活してみたいって思いますよね。
実際にそれで生活できるようになったら、またちょっと現実は違うなぁというのもありますけどね。(笑)

なんかね、やっぱり趣味でやってる人とプロを目指してる人では全く意識レベルが違うなぁってのを感じました。
その人とはもう付き合いはなくなりました。(笑)


はい。イジケまくってます。
とくにお察しの部分で。(笑)

僕が商売上手ですって?
するどいですねぇ。
商売下手を匠に演じてるんです。(笑)
というのは冗談ですが、いくら儲かるって話しでも自分が納得できないことはやりたくないという超わがままなんです。


原画を描いてくれって言われても気が乗らないからって断るし、CDジャケットのギャラを値切られると取引やめるし(結果的にギャラが上がりましたが)、委託販売でフッズを扱わして欲しいと言われても買い取りじゃなきゃダメって言うし・・等々、断りまくってますよ。(笑)

なので、やっぱり僕は下手だと思いますよ。(笑)
  • posted by うえだまさのぶ 
  • URL 
  • 2011.02/23 23:30分 
  • [Edit]

 

こんにちは。mixiでは、HNなつひです。
スマートフォンに最近変えたら、こちらにもサクサクやってこれるので、嬉しくって書き込みです。

『貫く』 っていうことの大変さが最近のうえださんの日記で伝わってきます。
夢をあきらめて、現実社会に馴染みながら生活というものをしているものからすれば
夢を追い続ける人生は、羨ましくもあるけれど
夢を追い続けるというのは、そのぶん挫折感も嫌がおうなく味わうことになってしまうのだと思います。そんな所さえも、こちらがわから見ればピュアな心というシロモノに見えてしまうところが現実的ではなくなってしまうのかもしれません。
そんなうえださんが、現実的な苦悩をここで表現していることで、少なくとも私は身近な生身のうえださんを感じられて嬉しい。
  • posted by 川端棗 
  • URL 
  • 2011.02/24 08:26分 
  • [Edit]

NoTitle 

なつひさん、こんにちは。
やっぱり、時代はスマートフォンですかね?(笑)
スマートフォンだと、写真とメニューが重なって見えませんか?
その部分を重ならないようにできないのがこのブログの難点です。(苦笑)

さて、嬉しいコメントありがとうございます。
このようなコメントを頂けると、ほんとブログもやりがいがあるってもんです。(笑)

お察しのように、挫折感の塊のようなもんです。
自分はなんて才能の無い人間なんだ・・・と日々感じて暮らしています。
でも大変か?・・・というと、そうでもないんです。
以前は精神的にしんどかったですが、今は慣れてしまったというか、楽天家になってしまったのかかなり呑気です。(笑)

僕は、世間の人々が働いている姿に非常に感心があって見てしまいます。
みんな生きて行くために働いてるんだなぁなんて考えながら。
そう思うと自分で自分のことを非現実的だと思ってしまうし、世間にこんな楽をして申し訳無いって思ってしまいます。

まぁ、経済的なこととかその他もろもろの恵まれない部分も多々ありますが、自由に時間を使える(うまく使いこなせてませんが)ということは、とても恵まれているし幸せを実感できることでもあります。
大阪と屋久島の二重生活なんて、そう出来るもんじゃないですよね。(笑)

あとは人並みに稼げるようになって、家族ももてるようになればほんと言う事ないんですけどね。
その域に到達するには、やっぱり楽してるようではダメで、もっと努力しなきゃいけないのかもしれません。
でも規制されるものがなく、自分で自分を律するってのがなかなか難しいんですよね。
怠けてしまうんです。
自分も一生懸命やってるtいう実感や、なつひさんのコメントのように何かしら人に感じてもらえる部分があるのであれば、世間に対する負い目も軽減されるのかもしれません。

先ほど、自分で自分のことを非現実的って書きましたが、でもやっぱりやってることはどっぷり現実的なことばかりです。
自分で絵はがきの発注もするし、土産物屋にも納品しに行きます。
電卓をたたきながら、納品書も書きます。
年金や国保も自分で納めに行きますし、屋久島に帰ったら確定申告にも行かなきゃいけません。(笑)

最近の若い人は就職難で大変みたいですが、自分で仕事を切り開いて行けるってことも示せたらいいなぁって思います。
そのためには、やっぱりもっと成功しなきゃいけませんね。(笑)

また気軽にコメントしてもらえると嬉しいです。



  • posted by うえだまさのぶ 
  • URL 
  • 2011.02/24 11:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
肩書き『空想を売る人』こと、ウエダマサノブの創作日記です。
屋久島と大阪を行ったり来たりの二重生活です。
今は、大阪に滞在していることの方が多いです。
かつては、縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作でしたが、今は、自由に空想した世界を3DCG、デジタルペイントで表現しています。
東京、名古屋、大阪等のアート系イベントにも参加しています。
是非、遊びに来て下さい。
(^_^)

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR