FC2ブログ

縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

Carl Zeiss Planar 50mm 研究。






今日は近所で写真撮影して来ました。
今日はちゃんとテーマがありまして、ツァイス50mmの特性を確認する・・・というものです。

それと50mmレンズに慣れるということです。



標準レンズと言われる50mmですが、意外に僕にとっては使いにくいのです。

画角が狭いんですよね。
なので、標準レンズというより、中望遠レンズ的な感覚。
しかしながら望遠というには遠くの物を捕らえられない。
風景を撮る場合は、よっぽど距離がないと空も少ししか入らない。

いったい何を撮るためのレンズなのか分からないのです。

でも、今日は50mmのみで撮影と決めたわけです。(笑)


↓距離があれば、これくらいの空を写すことはできます。











痛そう・・。こんなものも写します。
先日アップした、葉っぱや看板の空気感は、レンズ特性によるものなのか?
そんなことを確認したいわけです。
が・・・、結論から言って、レタッチによるところの効果が大半と、接近して写す場合により空気感が出やすいみたいな感じでしょうか・・。











↓これも空気感が出せるんじゃないかと思います。







50mmレンズの使い方が分かってきたような気がします。
広い範囲をボーッと眺めるという感覚ではなくて、狭い部分の物をしっかり凝視する・・という感じかもしれません。











50mmはこういう見方ですね。











ただただ漠然と遠くを見るのなら、やっぱりもっと広角のレンズが向いているということですね。

うん、今日はいい勉強になった。(笑)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
肩書き『空想を売る人』こと、ウエダマサノブの創作日記です。
屋久島と大阪を行ったり来たりの二重生活です。
今は、大阪に滞在していることの方が多いです。
かつては、縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作でしたが、今は、自由に空想した世界を3DCG、デジタルペイントで表現しています。
東京、名古屋、大阪等のアート系イベントにも参加しています。
是非、遊びに来て下さい。
(^_^)

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR