FC2ブログ

縄文じいさんの屋久島と大阪の二重生活日記

縄文じいさんの活動情報や屋久島と大阪の二重生活日記です。

Entries

磯野宏夫さん、原画展

今日は、屋久島環境文化村センター交流ホールで開催されている『磯野宏夫原画展』に行って来ました。
知り合いの方が、わざわざ案内はがきを持って来てくれて、そのはがきの絵を見てピーンと来ました。
もう14、5年前になるでしょうか。
当時、静岡県磐田市でサラリーマンをしていた僕は、この方のシルクスクリーン印刷の版画を購入したことがあるのです。

今回は版画ではなく原画を見れるということで、早速開催初日の今日(22日)、行ってきました。








磯野宏夫さん、ご本人もいらっしゃいました。
僕よりもわずかに先に入られたお客さんが、これまた超久しぶりに顔を合わせた知り合いということが分かって、自分から名乗ることもなく、『縄文じいさんの・・』と紹介してくれたのです。
そしたら、磯野さんは『縄文じいさん』を知ってくれていて、ホームページも何度か見てくれていたとのことで、すぐに打ち解けてお話させてもらうことができました。

名古屋にお住まいとのことで、クリエーターズマーケットの時には、『うちに泊まってもいいよ。』とも言ってくれるくらいに。(笑)

20111022IMG_0004.jpg




画集も購入して、サインもしてもらいました。(笑)
そうそうこれこれ。
僕が昔購入した絵も載っていました。
↓ピースフルというタイトルであることを思い出しました。
僕の絵も細かい方だと思うのですが、それ以上に細かいし、とても丁寧に描かれています。

20111022IMG_0005.jpg



どちらかと言うと、同じジャンルの絵だということは僕も認識していましたが、僕が口にする前に磯野さんの方がそのことを先に口にしました。
でも少し話していると、進みたい方向性のようなものは少し違うなぁということも、お互いすぐに認識できたと思います。
僕は常に進化していたいと考えているので、描く絵ややりたいこともどんどん変化して行くのですが、磯野さん曰く、『人間、進化する必要なんてない。自分のイメージに執着して、ひたすら同じことをやり続ける。』というニュアンスのことを言われました。
僕からすれば逆転の発想のように思えてとても新鮮に感じました。

明らかに言えることは、磯野さんのようなタイプの方が、世間には受けいられやすいと言うか、個性を世間に定着させることができるということです。
まぁ、年齢も僕よりずっと上ということもありますが、その年齢差を除いても、画集が何冊もできるくらいの数の作品を残されています。

僕の場合、画集を作ったところで絵の枚数は少ないし、一貫性もないし・・ってことでとても薄っぺらいものにしかなりません。

そのことは分かっているのですが、じゃぁ、僕が磯野さんのようなタイプになれるかと言うと、それはなれないんですよね。
それは宿命というか・・・。
僕は、たった一つでもいいから、本当に満足できる作品を残せたらいい・・というタイプなんですよね。
だから人間にとっての普遍的な何かを見つけ出してそれを作品に定着させたいのです。
失敗すれば、一生日の目を見ないタイプなのです。(苦笑)

そんないつも悩んでばっかりでアウトプットの出せない僕ですが、iPadで動く絵画である『宇宙に吹く風』を見て頂いたのですが、瞬時に『ここまでくると哲学の領域だねぇ。』と言ってくれたのには驚きました。
自分ではとてもそんな領域に達していないことは十分承知しているのですが、そいうものを目指しているということを作品から察知してもらえたというのは、ああ、見る人が見れば分かってもらえるんだぁと内心嬉しくなりました。(笑)

あっ、なんか自分の話になってしまいましたが、現在磯野さんは65歳とのことなのですが、目標ができれば今でもバリバリ絵を描かれるそうです。
それに比べて、まだまだ若いはずの僕が何もできていない・・・。
頑張らなきゃって・・・ちょっと焦りました。(苦笑)


とにかく磯野さんの絵は細かく色彩も鮮やかです。
構図は日本画を思わせるような計算されたかのような秩序をもっていてとても綺麗だなぁと思いました。
『磯野宏夫原画展』は、今月30日(24日休館)まで開催されているので、機会があればみなさんも是非お出かけ下さい。(笑)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

スポンサードリンク

プロフィール

うえだまさのぶ

Author:うえだまさのぶ
肩書き『空想を売る人』こと、ウエダマサノブの創作日記です。
屋久島と大阪を行ったり来たりの二重生活です。
今は、大阪に滞在していることの方が多いです。
かつては、縄文杉を擬人化した『縄文じいさん』が代表作でしたが、今は、自由に空想した世界を3DCG、デジタルペイントで表現しています。
東京、名古屋、大阪等のアート系イベントにも参加しています。
是非、遊びに来て下さい。
(^_^)

うえだまさのぶのサイト

Masanobu Ueda | バナーを作成


屋久島アートのアトリエ縄文じいさん

縄文じいさんグッズ販売

屋久島アクセス情報

keiアニメーション動画サイト

縄文じいさんの著作権フリーBGM素材(オルゴール、ピアノ、ハープ)

YouTubeうえだまさのぶチャンネル

山澄星夜 発表会用ピアノ曲集の楽譜販売

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

管理人へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR